トップ
HOME戻る

生涯現役!! あきらめるのは、まだ早い!
成人用強精強壮剤
勃起障害について勃起のメカニズム勃起障害の原因と対処法精力剤一覧

01
♂♀勃起障害について
 ED(勃起障害)とは、有効な勃起が得られず、また維持できないために、満足な性交が行えない状態をいいます。従来、“インポテンス(性的不能)”という言葉で表現されてきましたが、現在は“勃起障害”、あるいは“勃起不全”と解釈されています。
現在、日本にはED患者数が約900万人以上、米国では約3,000万人以上いると推計されます。しかし、実際には、EDで悩んでいるのに誰にも相談出来ずに、独りで問題を抱え込んでいる方も少なくありません。そしてSEXに対し恐怖感を覚えるようになり、完全なSEXレスに陥ることもあります。もし夫婦間でこんな問題が起きれば夫婦円満でいられるはずがありません。
そうなる前に何事も早めの対策をすることが大切です。

次のような症状のうち、2項目以上当てはまる方は要注意!!
◎やる気もないし、やっても立たない…
◎やる気はあるが、息子が立たない…
◎SEXの最中にイってないのに途中で萎える…
◎我慢が出来ずに直ぐに射精してしまう…
◎最近、朝立ちをしない…
トップ▲



ED02
 ♂♀勃起のメカニズム
「勃起」から「射精」までの行為の際、体内では何が起こっているのでしょうか?

普段は意識しなくても自然に行われている行為ですが実は、私たちの体内では(図1)のように大変複雑なやり取りが瞬時になされているのです。
そして、この(図1)で示した@〜Gまでの流れのうち、何処か一箇所でも問題が起こると満足のいく性行為が出来なくなります。これが“ED(勃起障害)”です。
 
勃起と射精までのメカニズム(図1)

@ 男性ホルモンの働きにより睾丸で精子が分泌される。
          
A 睾丸から分泌された精子の量がある程度たまると、大脳が精子を体外へ放出したいと欲求が生じ、性的刺激に敏感になる。
          
B性的刺激を大脳が感受する。
          
C大脳の指令により「男性ホルモン」が分泌される。
          
D 男性ホルモンの作用によりペニス(海綿体)へ血液が集まり充血、膨張する。
          
       
          
E ペニスへの刺激が大脳へ伝わり、クライマックスを迎える。
          
F大脳からの指令により、射精が促される。
          
G ペニス(海綿体)の静脈から血液が流出し膨張が納まり勃起が終了する。
トップ▲


ED03
 ♂♀勃起障害の原因と対処法
 
■中高年の性欲減退・勃起不全
 中高年の人たちに最も多いのが男性ホルモン、及び女性ホルモンの分泌低下による性欲減退、勃起不全、不感症です。
アメリカでは男性不妊症の治療に精子の原料となる「亜鉛」を治療にしているほど微量ミネラルの不足が深刻化しています。

 中高年になると、
男性ホルモン女性ホルモンを補うことで殆んど解決できます。男性ホルモン(メチルテストステロン)の内服剤としては、“錠剤”や“カプセル”になったタイプのものから、即効性のある“アンプル剤”になったタイプ、安心して長期に連用が出来る“外用塗布薬”などがあり、ペニスへ塗布することにより睾丸から直接男性ホルモンが吸収されます。

ここで注意してほしいのは、若いうちからホルモンを外部から補っていると、元来持っているはずの、自分自身で男性ホルモンを作リ出す働きがますます弱まってしまいます。ですから、若年層(特に30〜40代)の方によるホルモン剤の利用は余りおすすめできません。若年層の方や糖尿病、前立腺肥大症などの持病をお持ちの方には動物強壮生薬などで構成された滋養強壮剤をおすすめします。
 
 ■早漏
早漏には2種類のタイプがあります。
まず、ひとつめは、若者に多いタイプの早漏で、亀頭が敏感な為にちょっと刺激が加わるだけでイッてしまう早漏です。このタイプの早漏には、塩酸ジプカインなどの局部麻痺薬を配合した軟膏塗布剤で問題が解決できます。近年、この若年性早漏が増加傾向にあります。その理由として、包茎が深く関与していると考えられています。

 もうひとつのタイプの早漏は、中高年に多い、
男性ホルモン低下により、自分で射精をコントロールできなくなり直ぐに射精するタイプの早漏です。これには、男性ホルモン製剤をうまく利用すればかなり改善されます。
 
■包茎
 本来、生まれたての赤ちゃんの時は誰でも包茎の状態ですが、体の成長に伴い、ペニス(亀頭部)も成長し増大していきます。そして、外側の皮の部分と成長差が発生し、亀頭部が飛び出す(いわゆる皮が剥ける)のです。 
 しかし、亀頭部の成長が不足したり、遅かったりするため、皮を被ったままの状態、つまり包茎になってしまうのです。そして、この包茎人口は年々増加しているのです。その理由として、現代のようなインスタント食品やファーストフード、スナック菓子、ジュースなどの高カロリー、低栄養の食品が氾濫している現代の食事情や、大気汚染などによる環境ホルモンが私たちの体に悪影響をもたらし、成長不足を招いていると考えられています。
このような方には、滋養強壮剤サプリメントによって、体の成長を促してあげると良いでしょう。
トップ▲








HOME会社案内特定商取引規定 お問い合わせ
Copyright (C) 2003 Iwatatenjindou Corporation. All Rights Reserved