top
HOME
暖かい季節になると水虫が再発する方!!
今年こそ頑固な水虫を完全克服しませんか?
水虫イラスト
水虫の原因水虫の種類水虫のタイプ


■水虫の原因はカビの一種「白癬菌」
水虫は皮膚糸状菌と呼ばれるカビ(白癬菌)が皮膚に感染して生じるものです。
白癬菌は、
汚れを好み、温度15℃、湿度70%以上になると増殖すると言われています。我が国では、最も高温多湿となる夏季に水虫が発症、増悪することが多いようです。

 特に、一日中靴を履かなければならない青壮年期に多く、日本人の約10〜20人に1人が罹患しているといわれます。
白癬菌
角質層内の白癬菌↑
TOP▲



02
水虫の種類
 水虫は発症する部位によって名称が違います。
頭部白癬
頭部白癬
しらくもと呼ばれています。
体部白癬
小水疱性斑状白癬。
タムシと呼ばれ、形が銭に似ていることから「ゼニタムシ」といわれています。
陰股部白癬
陰股部や臀部にできるのが「頑癬」といわれ、俗称「インキンタムシ」。
足白癬
足にできるのが、一般にいう水虫(みずむし)です。
爪白癬
俗に言う「爪水虫」です。
治すのに一番苦労するタイプです。
TOP▲


03
水虫には大きく3つのタイプがある
水虫には3つのタイプがあります。

まず、感染すると足のゆびの間が赤くなり皮が剥ける
趾間(しかん)型
足のうらに小さな「水ぶくれ」がみられる
小水泡(しょうすいほう)型
水虫を放置していると、足裏全体が赤くなり、皮膚が厚く皮が剥ける
角化(かくか)型

趾間型、小水泡型は痒みをともないますが、角化型になると痒みなどの自覚症状はなくなります。
また、角化型では冬に「ひびわれ」を生じて、歩くと痛みを生じます。角化型では足の皮膚以外に爪や手の水虫をともないます。
趾間型(しかんがた)
趾間に白色浸軟をきたし、やがてびらんとなり、その周辺に鱗屑が見られる。痒みが強いが、びらんになると痛みが出る。二次感染を起こしやすい。
小水疱型(しょうすいほうがた)
かゆみが強く、軽度の発赤、米粒大の小水疱が密集したり環状に配列する。足に最も多く見られ夏に多い型。
角化型(かくかがた)
足底全体に皮膚が乾燥した状態になり、かゆみは少ないが、角質の増殖が見られる。夏増強するが、冬でも見られる。治りにくい型。
TOP▲











HOME会社案内特定商取引規定 お問い合わせ
Copyright (C) 2003 Iwatatenjindou Corporation. All Rights Reserved