top
HOME
漢方薬について 土瓶
草根木皮
漢方の歴史漢方理論漢方薬Q&A


漢方薬の歴史
漢方薬の歴史
 日本における漢方の歴史は大和時代〜奈良時代にかけ遣隋使・遣唐使により中国医学が伝来したのが起源とされます。その後は日本独自で発展を遂げていきました。そして、江戸時代になるとオランダから西洋医学(オランダ医学)が伝来し、今までの日本独自の医学と区別するためオランダ医学を「蘭方(らんぽう)」と呼び、日本独自の医学を「漢方」と呼ぶようになったのです。
その後も日本の漢方は独自で発展を遂げていき「古方派」「後世派」「折衷派」と様々な流派が生まれ多くの漢方処方が作られてきました。
一方、中国でも独自に中国医学が発展していき、文化大革命(昭和初期頃)後大きく変革したのが現在の「中医学」です。現在ではこの中医学と、中医学に基づき処方された多くの「中成薬」も日本へ輸入されています。
TOP▲



漢方理論
漢方理論
 漢方の考え方は簡単にいうと、人間の体を全体的、総合的に捉え、バランスの乱れた部分を崩れた部分を元の正常なバランスへと整えることで病気の治療をします。つまりバランスの整った状態であれば人間は健康体でいられるという考え方が根本にあるのです。

人間の身体は皮・毛・肌肉・筋・骨という組織と
五臓(肝・心・脾・肺・腎)六腑(胆のう・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦)という五臓六腑がお互い助け合いながら全体のバランスを保っています。どこかひとつでも歪みが生じれば他の臓腑へ次々と影響し、やがて全体のバランスが崩れてしまいます。
そして
気・血・水で人体が構成され、これらは常に流動し全身を巡ることで生命を維持しています。
TOP▲




漢方薬Q&A
漢方薬Q&A
Q1、 漢方薬は、気長に飲まないと効果がないのでは?
A1、 いいえ。症状を一時的に抑えたりするだけの西洋医学とは違い、漢方薬は基本的に慢性病の根本療法として利用するケースが多いので、このようなイメージが付いたのだと思われます。しかし、漢方薬にも感冒のような急性病に用いる「葛根湯」や「麻黄湯」「小青竜湯」といった処方は頓服的に飲んでも効果があり、新薬にも勝るとも劣らない即効性を持ち合わせている処方もあります。

Q2、 漢方薬には副作用はないの?
A2、 あります。しかし、本来の漢方薬は、その人の体質や症状に合わせて処方を決定しますので、副作用の出るケースが少ないというだけで、厚生省が医薬品として認可している以上は、それだけの効果・効能を持っているからであり、使い方を間違えると副作用が現われて当然なのです。しかし、これは、漢方薬に原因があったわけではなく、処方の選択にミスがあった、というケースが大半であることを知っておいてください。

Q3、 お医者さんからもらった薬といっしょに併用して飲んでも大丈夫?
A3、 大半は大丈夫ですが、なかには併用を避けたほうが良いケースがありますので、かかりつけのお医者さんか、漢方薬を購入された漢方医に相談したほうが良いでしょう。しかし、西洋医薬と漢方薬の併用は、よくあるケースで、ある意味、理想の治療でもあります。その理由は、漢方薬が併用している西洋医薬の副作用を抑えたり、西洋医薬で対症療法をしながら漢方薬で根本療法をする場合にこの両者を併用することがよくあるからです。

Q4、 漢方薬は値段が高そうなイメージがあるのですが…
A4、 全国的な平均金額としては、一日分が400円〜600円が相場と言えるでしょう。しかし、『牛黄(牛の胆石)』のように非常に高価な漢方薬もありますので一日分が何千円も掛かることがあるのも事実です。なかには、暴利をむさぼる悪徳な商売をしている人もいるのも事実です。心配ならば、何軒か漢方専門医を回って見たりするのも良いでしょう。しかし、基本は、信用と信頼の措ける専門医を見つけることです。

Q5、 漢方薬を買い求める際に代理人に行かせても良いのでしょうか?
A5、 出来れば本人が行くのが良いでしょう。しかし、どうしても本人が行くことが出来ない場合もあるでしょうから、その場合は、代理人の方へ、できるだけ詳しくあなたの症状や病態を伝えておくことが重要です。Q2でも述べましたが、漢方薬は、その人の体質と症状、病態を総合的に捉えて初めて処方を決定することができるのです。ですから、効果的な漢方薬を望むのなら是非そうされることをお勧めします。

Q6、 煎じ薬は飲みにくいので、錠剤が良いのですが効き目は同じですか?
A6、 効き目には差があります。もっとも効き目が良いのは漢方薬本来の姿である煎じ薬と言えるでしょう。しかし、煎じる手間がかかり、においが臭いなどの問題点があります。
最近は、エキス剤を製造する機械も飛躍的に進化しており、煎じ薬同等の効果が現われるものもあります。また、保存の問題で、エキス剤は長期に保存もでき、携帯にも優れているので現在では、エキス顆粒やエキス錠剤が漢方薬の主流になりつつあります。しかし、最近では、煎じ液を1回分ずつにアルミのレトルトパックに分包してくれる機械を導入している漢方専門店も増えています。アトピーや慢性病のような病気で煎じ薬を試みたい方は、是非利用すると良いでしょう。

Q7、 漢方薬は、いつ(食前・食後・食間)、服用するのがいいの?
A7、 基本的には、食間(食事と食事の間)の空腹時に服用するのが良いとされています。これは、空腹時が、いちばん胃腸から吸収され易くなるため、漢方薬の効き目を早く確実に引き出すことができるからです。しかし、お年寄りや胃腸虚弱の方などは、漢方薬の種類によっては胃がもたれることがあります。このような場合には、漢方薬の服用を食後(満腹時)に変更してもらうことがあります。ですから、漢方薬を購入した際には、いつ服用すればよいのか訊ねるようにしましょう。また、飲み方の説明もないような店では購入されないほうが良いでしょう。

Q8、 ジュースやコーヒーで漢方薬を飲んでもいいの?
A8、 いいえ。基本は白湯で飲むのがよいでしょう。しかし、嘔吐などの時は、冷たい水で飲む方が良い場合もあるので、やはり、漢方薬を購入した際に訊ねておきましょう。
TOP▲










HOME会社案内特定商取引規定 お問い合わせ
Copyright (C) 2003 Iwatatenjindou Corporation. All Rights Reserved