top
HOME
クシャミ、鼻水、鼻づまり、目の充血、目の痒み…
    つらーいアレルギー症状をスッキリ解消!!
花粉症について 花粉症
花粉症について花粉症の発症メカニズム
 


01
■花粉症について
現在、日本人の30〜40%が花粉症を患っており、その数は年々増加傾向にあります。
花粉症はアレルギー性鼻炎のひとつで、スギやブタクサなどの花粉がアレルゲン(抗原)となり症状を引き起こします。そのため特定の時期のみ発生することから「花粉症=季節性アレルギー性鼻炎」と呼ばれています。その他、ダニ・ハウスダスト・ペットの毛などがアレルゲン(抗原)となりアレルギー症状が起こる「通年性アレルギー性鼻炎」があります。
スギ花粉
顕微鏡で見るスギ花粉
 また、花粉症を10代の頃から発症する人もいれば、50歳を過ぎてから突如発症するケースもありいつ発症するか予測ができません。ですから現時点で花粉症を患っていなくても来年突然発症するかも知れません。決して安心はできないのです。これは花粉症はある日突然発症するように思われていますが、じつは体内では徐々に発生リスクが積み重なり、そのリスクがある一定レベルを超えたときに初めてアレルギー症状として表面に現れるのです。この発生リスクとは、遺伝的要素や生活環境、食生活、ストレス等です。




02
■花粉症の発症メカニズム
花粉症の発生メカニズム
@

アレルゲン(抗原)である花粉が鼻を通して体内へ侵入する

A 肥満細胞からIgE抗体が造られる
B IgE抗体が体内である一定量を超えると肥満細胞からヒスタミンが遊離される
アレルギー症状の発症!!
くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目の痒み・充血など
トップ▲











HOME会社案内特定商取引規定 お問い合わせ
Copyright (C) 2003 Iwatatenjindou Corporation. All Rights Reserved